Flightradar24

世界で飛び交う航空機をライブ表示 Firefoxアドオンで日本語表示も可能

Flightrader24(フライトレーダー24)は、今実際に飛んでいる航空機の位置やコールサイン(便名)、機体の情報などをリアルタイムで把握できるWebアプリです。日本語での表示はありませんが、Firefoxのブラウザーを利用し、アドオンを入れると日本語で表示することも可能です。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 実際に飛んでいる航空機の位置やコールサイン、機体情報などをリアルタイムで把握できる
  • 航空会社と目的地、飛行経路、高度、速度の他、機体の写真も表示される
  • 衛星写真や都市の天候なども表示できる
  • コクピットからの風景を楽しむことができる

反対票

  • すべての航空機が表示されるわけではない

とても良い
8

Flightrader24(フライトレーダー24)は、今実際に飛んでいる航空機の位置やコールサイン(便名)、機体の情報などをリアルタイムで把握できるWebアプリです。日本語での表示はありませんが、Firefoxのブラウザーを利用し、アドオンを入れると日本語で表示することも可能です。

Flightrader24では、flightrader24のサイトにアクセスすると、世界地図の上に航空機の形をしたアイコンが飛び交っている様子が映し出されます。世界地図を拡大し、世界各国の上空でどのくらいの航空機が飛んでいるのか、また、便名を追跡し、知り合いの乗っている航空機がどのあたりにいるのかも一目でわかります。 アイコンにマウスポインターを合わせると航空機のコールサインが表示され、左クリックすると航空会社と出発、目的地、現在の高度や速度などが表示されます。機体の写真も図鑑のように表示されるので、国内線や国際線で使われている機体の大きさや、どの路線を新型機が飛んでいるかなども一目瞭然です。また、クリックしたアイコンには飛行経路が表示され、そのまま追跡することも可能です。さらに、追跡画面の左下に表示される「Cockpit View」ボタンから、Google Earthを使って フライトシミュレーターの様にコクピットからの風景を楽しむことができます。

Flightrader24では、地図の右上にあるJump to areaからアメリカやヨーロッパ、アジアなどの地域を選択できます。航空機は主に大都市周辺に集中していますが、時々大海原の真ん中にぽつりと機体を発見し、ついクリックして応援したくなるほど世界のいたるところを飛び交っている様子がわかります。地図画像は衛星写真を選択できる他、画面左側のSettingsから、都市の天候なども表示することができます。このように地図データを用いたWebアプリには、日本の江戸時代などの古地図を検索できるgoo 地図があります。

Flightrader24では、画面左側のPlanesから現在飛行中の航空機一覧を表示し、便名などから選択して表示することができます。ただし、Flightrader24ではADS-Bという航空機の自動位置情報伝送用無線に基づいて航空機を表示しており、ADS-Bに対応しない機体は表示できない他、あくまで私的に受信した無線をネットワーク化して表示しているので、すべての航空機がリアルタイムに表示される保証はありません。また、FAA(米連邦航空局)からの情報に基づく航空機の飛行経路は5分遅れで表示されます。

Flightrader24は、実際に飛んでいる航空機の位置やコールサイン、機体の情報などをリアルタイムで把握できるWebアプリです。世界各地のローカル線や最近話題のLCCなど、様々な会社の航空機を探してみるのも良いでしょう。

Flightradar24

サイトにアクセス

Flightradar24